冷え込みが厳しいとプールに行くのが億劫になりがち。
でも行けば気持ち良さが待っている。
ので思い切って店を閉めて水着に着替えて家を飛び出す。
外の気温が低いので水が温か〜く感じられて気持ちがよい。
お正月はゆっくり寝たいだけ寝ていたので、学校も仕事も始まって数日たち、ちょっと寝不足なのもあって、それと日が差し込むコースだったので、水面も水中もキラキラとまばゆく美しくてうっとりしながら、半分眠りながら、くらいのゆったりペース。
4コースあって3人しかいないから、ぶつかる心配もなく、昔はクロールが苦手だったけど、今は一番楽ちんに泳げるので、呼吸の苦しさもなく、バタ足も2ビートを覚えたので疲れないし、お昼寝水泳、みたいなもの。
1時間で1500m。
すっきりリフレッシュ。

燃やす薪が少なくなって来て(こんなことじゃいけないのは重々承知)、
友達からお借りしている油圧式の薪割り機に見よう見まねで初挑戦。
息子にも見守ってもらって。
かなりのパワーで割れるときの衝撃も慣れるまではこわいくらいで、
でもやればできるもんだ。
遠巻きにペダルを踏んで、割りまくり。スッキリ。
やっているときは緊張感で気が張っていたのか、終わってみたら結構疲労感あり。
これでしばらくは安心。
割終えた薪を積み並べるのを手伝ってくれた息子も疲れたようで早くに就寝。

そういえば今日は発送作業をしている時間、ラジオからサラーム海上さんの担当の番組が流れてきたのがうれしかった。聴いたことのないようなジャンルの音楽に触れるのは楽しい。

ラジオからはいろんなクオリティの音楽が流れてくる。
音の心地よさ、クオリティ、響き、をとことんこだわって作っている人の音楽をいつも聴いていると、
そうじゃない音を聴いた時にすぐにわかる。
ちょっと気持ち悪くなってしまって、はっ!として聴くのをやめるけど、
そんな時、いつものあの人達の音作りの素晴らしさに改めて気づかされる。
たくさんの楽器の中からライブごとにセッティングを変えるとか、一音一音に込める意識の繊細さとか、もう本当に素晴らしすぎる。
よいものに触れることの大切さ。
すばらしいもの、好きなもの、に囲まれて生きていたい。